お母さまによる最後の身支度*.゚ベールダウンに込められた想い

結婚式で行われるセレモニーで定番となりつつある「ベールダウン」

主にチャペルへ入場した後、バージンロードを歩く前にゲストの前で行います

お母さまによって、新婦のベールをおろしてもらうという一瞬の動作ですが

実はそこには色んな意味が込められているんです(*˘ᗜ˘*).。.:*♡

 

まずはじめに、ベールには魔除けという意味があります

古くからヨーロッパでは、結婚式へ向かう花嫁が悪魔にさらわれるという言い伝えがありまして…

そこで花嫁にベールを被せ、悪魔に見つからないようにしたと言われています

ベールには「愛する娘を守ってくれますように」といった母親の思いが込められているのです✧‧˚

DSC_5271G

 

そしてお母さまの手によって新婦さまの最後のお支度を整えていただくベールダウンには

「花嫁の新たな人生の幸せを願いながら送り出す」という意味が込められています

ベールをおろす間の短い時間ではありますが、今まで大切に育ててきた娘への思いや母親への感謝の気持ち

嬉しいことだけれど、淋しい気持ちも*.゚

色んな想いが感じとれる特別なひとときに(*ˊᵕˋ*)

参加される皆様はぜひ温かくお見守りください♡

0137

 

会場のご見学はお気軽にお越しください♪

ブライダルフェアのご案内はこちら

みなさまのご来館心よりお待ちしております