フランス代表名誉市民賞贈呈

『存在価値』が問われる時代… それは本当に本物なのか?

本物とは何か? いつも自分に問う。

消費者が手にとりやすいリーズナブルな価格にして本物なのか? 考えが浅くないか…

  鞄で言えば、HERMES、エルメス160年間の歴史があり職人が自分のイニシャルを 刻み、自信をもって製造している鞄バックと、いま○○で売られている中国産の ビニールバックは、カバンとしての機能は同じ物になります。ただビニールの方は、 手入れをしてもしなくてもすり切れるまで使え、エルメスは、きちんとオイルで手入れを しなければ、すぐボロボロになってしまいます。ただし手入れをすれば、孫子の時代まで 使えます。値段については比較できないくらい違う。

  本物とは何かそれを知るには自分の目で見ることである。

三重平安閣は本物志向

  先日、フランス代表名誉市民賞贈呈 式典がマリアージュにて行われた。

三重平安閣のラセーヌマリアージュ四日市とアニエスガーデン名張はセント・ヴァレンタイン村と提携し30周年記念式典だ。

我々社長と村長ピエール・ルッソー氏

DSC_7562

 

DSC_7518

マリアージュ花岡支配人と村長ピエール・ルッソー氏

 

DSC_7532

 

DSC_7625

 

ご来館の際には

60周年の経験の糧、私たち、三重平安閣の

本物を体感して下さい。

Mariageの☆Genki!